気をつけてたはずなんだけど、どうやら個人信用情報にブラック情報が残っちゃってるみたいで…。海外出張に出掛けてたとき、うっかり銀行の残高確認しないで行っちゃったんですよね!そのとき、クレジットの支払いができなくなっていて…。今だったらネットバンキングで管理できるのに…。あのときは思いも寄らなかったんだよなあ…。迂闊でした。

ブラックだとカードローンの申込みは難しいって言いますよね。多少なら金利が高めでも構わないので、カードローンをつくれるところを紹介してもらえたらありがたいです!年収は手取りで700万円ほどあります。総量規制を考慮しても、200万円は借りられるはずで、今どうしても必要なのは、50万円ほどです。借りられたら助かるんですが…。

厳しいけれど不可能ではない!大事なのは、どこに基準を置くか

カードローンを利用するという行為が特別ではなくなった昨今。ブラック履歴があるという人も、決して少なくないです。「ブラックの人はカードローンの利用、絶対的に不可!」なんてなったら貸金業者だって商売あがったり、だと思うの。

世の中には、「絶対に借金なんかしない」という人だって少なくない。そういう人の中には、「収入が高く」、「返済能力も非常に高い」というような、貸金業者にとってある意味、「スペックの高い人」も大勢いるわけだけど、そういう貸金業者にとって「ありがたい人」が顧客になって、しょっちゅうお金を借りてくれる…、なんてことは可能性としては非常に少ないわけなのです。そういう人は「借金自体を避ける」傾向にあるから…。

となれば、今いるお得意様を大事にしない手はありません!ブラックでもカードローンおつくりしますよ、お金をお貸ししますよ、という貸金業者は探せばたくさんあります。でも、一度、返済の延滞などをしている人に関しては、「また返済遅延されてしまうかも…」という思いを抱かせてしまうことは必須ですよね。

その返済の遅延が「常習的なものではなかった」、「故意ではなかった」ことが担当者に伝われば、カードローンをつくれる可能性はあると思いますよ。聞けば、金額も収入から考えて無理のない範囲ですから、カードローン審査に通る可能性は高いと思います。あとは金利が低い、即融資可能等、できるだけ、あなたにとっての条件のよいところで、カードローンを作れるよう、お祈りしていますね!
(⇒困った時は借りやすい金融業者について学んでおこう

カードローンの申込ブラックは他人事ではありません

ブラックリストに載っているとカードローンの申し込みで審査に通らないということは既にご存知の方も多いでしょう。ブラックリストとは信用情報機関に登録されている、遅延や未納、自己破産といった金融事故を起こした人の情報のことで、これは金融機関で共有されている情報です。そのため、ある会社で借りたお金を返さずに放置していたことがあれば、他の会社でお金を借りようとした時に審査に通らず貸してもらえないということになるのです。最長でも10年は情報が残ると言われています。(参考ページはこちら→融資の信用情報について詳しく

申込ブラックというのは、信用情報機関に登録されているブラックリストとは別の物で、短期間に複数の申し込みをした人、つまり多重申し込みがこの申込ブラック扱いになると言われています。カードローンは申し込んでも審査に通らなければ融資を受けられません。そのため、どうしても融資を受けたいという気持ちから、とりあえず思い当たるところをまとめて申し込んでしまう方もいるのです。受験や就職活動なら同時にいくつも受けることはできますが、カードローンの審査については同時に申し込むのは審査に不利に働きますので避けた方が良いでしょう。

しかし、審査に落ちてしまったらすぐに他の会社に申し込みたくなるものでしょう。審査基準と同様にこれらの基準についても公表されているわけではないので確実な数字は誰にも分からないのですが、傾向として一ヶ月の間に二社までは申込ブラックの範疇には入らないという見方が今現在は多いので、申し込みを考えているならとりあえず二社に絞るようにしましょう。申し込みをしたという履歴は半年残しているということですので、半年は申し込みをしても審査に通らない可能性が高くなっていると言えます。

審査に通るか通らないかは申し込んでみないと結果が分からないという状況の中、多重申し込みをしてしまいたいという気持ちが出てくるのは仕方のないことではありますが、急がば回れという言葉もあるように、借り入れを急ぐならゆっくり余裕を持つことも大切と言えるでしょう。

【参考ページ】
ブラックリストと呼ばれる状態についてもっと知る

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.