ちょっと!きいて。俺もう絶対の絶対ブラック情報入りってのを分かってんだけど、絶対どうにかして借りてやるって感じなんだよね。だって、どうやって生活しろってんだよ。収入なんて少なくて、生活保護なんてうけらんねー。毎回の返済頑張ってるけど、返せない時もあって、頑張っても頑張ってもしょうがね~ものは、しょうがね~んだよ。マジでどうしたほうがいいと思う?

○ビットならいけるかもしれんゾ!

○ビットならいいかもしれませんよ。ブラックでも受け入れているとか。でもブラックでも、直近3ヶ月以内の延滞があると、少し難しいかもしれませんが申請してみるのもいいでしょうね。仕方ないでしょ。別に融資してくれそうなとこがなければ。
(⇒借りやすい金融業者はチャンスも多い?

それに、自暴自棄になってどこでも借入してしまうなんてことはしないで!登録や認可の受けていないヤミ金かもしれません。最近では、大手の金融機関のホームページを装おってトラブルに巻き込まれる消費者もいるようで、このような対策としては、実際金融機関へ行って申請書類を取りに行くことも、詐欺に合わない確実な一つの方法でしょう。

○ビットでは、あなたのようの複数の借金をまとめるローン一本化の商品があります。それに申し込むのも良いかもしれません。金利が低いとは言えませんが、今より格段に借金苦から逃れることができるでしょう。もし、審査が通らないようであれば、複数のローンを一本化してくれる先は銀行や労金にもそのような商品があるので、検討してみてはいかがでしょうか。

可能な審査が甘いカードローンはブラックでも可能か

ブラックリストというと、自己破産だけでなくカードローンの返済日に引き落としが何度も続けて出来なかったり、お金がなくて返済できなかったりしても載ってしまいます。ブラックリストというのは信用情報機関に登録されている情報の中でも自己破産などの金融事故や返済の遅延といった情報のことをそう呼んでおり、正式にそういった名称があるわけではなく一般的に呼ばれている俗称のようなものです。遅延が続いて利用停止になったり、自己破産や債務整理をするとブラック入りしたなどと表現する人が多いです。
(⇒融資で重要な信用情報について

ブラック入りするとカードローンを申し込む時の審査に通りにくくなります。やはり、遅延や破産などの経験があると、お金を貸しても返済をしてもらえないのではないかという不安が出てくるものです。貸したお金が返済されないことを焦げ付くなどと表現しますが、焦げ付きのリスクを回避するため金融機関は審査をするのです。

中には審査が甘いカードローンもあり、金利を高くしたりすることでなるべくリスクを小さくしつつ貸し付けをするというようなところもあります。そういった審査が甘いカードローンの場合、ブラックリストに載っていても審査に通るという可能性も無くはないのです。審査基準はどの会社も同じ基準を共有しているというものではありません。会社によってそれぞれ独自の基準を持っているのです。そのため、過去に金融事故があったとしても融資してくれるところがあっても何も不思議なことはありません。

審査が甘いカードローンについては口コミなどでいろいろ情報が出ています。他社からたくさん借り入れがあるのに申し込みが通ったという所もあると言われています。どんな場合でも、返済能力があると見なされたということですので自信を持っても良いのではないでしょうか。もちろん、厳しいところもありますので一度で審査が甘いカードローンが見つかると考えずに根気よく探すと良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.