私は入社2年目の会社員です。先日必要に迫られて新しいパソコンを買おうと思ってカードローンの申し込みをしたところ審査が通りませんでした。まだ入社2年目でこれまでローンを借りたこともないので特に問題があるとは思えなかったし、収入は少なくても安定していますから断られる理由がなく、しばらく何で通らなかったのか分かりませんでした。しかし学生時代の友人に話してみたところ、おまえ学生時代によく携帯止まってただろうと言われました。

最初何を言っているのかわからなかったのですが、すぐに納得しました。携帯電話の料金を何度も何度も滞納していたのです。つまり私はその滞納が原因で社会人になるまえにブラックになってしまっていたのです。若気の至りと言ったところですが、今になって大きな影響が出てきたというわけです。しかしこのままではしばらくパソコンも買えず、ちょっと困ったことになります。なんとかブラックでもOKなカードローンを探したいのですがどうやって探せばよいでしょうか。

ブラックの場合カードローンの審査に通ることはまず無理です

学生時代の影響がまだ残っているというわけですね。しかし残念ながらブラックになってしまうと銀行や大手消費者金融のカードローンの審査はまず通りません。しばらくの間はカードローンの利用はあきらめてください。ただし携帯電話料金の滞納であれば滞納後5年でその情報は信用情報から消されます。ですからその間我慢すればブラックから復帰できます。その時にはカードローンを申込む事ができるようになりますからじっくり待つようにしましょう。

しかしどうしてもすぐにお金が必要と言う事であれば別の方法を考えなければなりません。通常ブラックではどの金融機関も二の足を踏んでしまいますが、最近では利用者を獲得するために、返済能力さえあれば過去がどうであっても貸してくれる消費者金融が現れるようになりました。こういう消費者金融をブラック対応と言っています。ただしカードローンを提供するほど大きな消費者金融ではなく、主に中小の消費者金融で、融資は電話やネットを介して指定した口座に振り込んでもらうという形態で行われる事になります。

このようなブラック対応の消費者金融は現在大都市周辺に有りますが、徐々に増えているようで地方でも見られるようになりました。あなたの近くに無かった場合には業者によってはネットを利用して全国展開している所もありますので、検索してみてください。ただしネット利用していても申込時は対面でというところもありますので、その点を十分注意することが必要です。またこれらの業者も審査はありますので絶対に借りられる保証はありません。

さらに、こういった中小の業者には正規業者に交じって闇金も含まれていますから、申し込みをする前には必ず正規業者であるという確認を取ることが必要です。方法としては金融庁のホームページに正規業者のデータベースがあるのでそこで検索してみてください。業者によっては正規業者の名前をかたっていたりするので登録された情報がすべて合っているか確認が必要です。例えば名称や住所などは同じで電話番号だけが入れ替えられていたというようなケースもあるのです。

【参考ページ】
ブラックリストになってしまう理由はたくさんあります

ブラックでもOKなものもあるカードローン

カードローンは使い道が自由ですし、保証人をつけたり不動産などの担保を提供せずにすみますので、多くの人が利用しています。ほとんどの業者では、安定的な継続した収入があればフリーターやアルバイトと言った短期間の雇用の人でも利用することができるようになっています。また、他社では借入ができないような事情の人でも融資をしてくれるところがありますので、ブラックの人なども利用することができます。

ブラックというのは信用情報に借入に関するトラブルの記載がある人のことです。信用情報というのは長期的な滞納をしていた人や破産、個人再生、任意整理といった債務整理手続きをしている人などに関しては、その内容が記載されるデータベースです。いくつかの種類がありますが、銀行系、信販系、消費者金融系など様々な業種の金融機関が共有していますので、どこで申し込みをしても信用情報の内容は筒抜けになります。
(⇒信用情報ってどこに保管されているの?

一方、ブラックでもOKの業者は、こういった信用情報に記載されている人でも積極的に融資をしてもらえますので、100%とはいいませんがかなりの確率で借り入れをすることができます。一度信用情報に記載された内容は、会社にもよりますが数年程度その記載が残されてしまいますので、手続きをしてからかなりの期間が経過してもローンを利用できないことがあります。このような時、ブラックでもOKの業者で借入ができるといざと言うときに何とかなりますので安心です。

ただし、ブラック可のカードローンは基本的に貸し倒れの可能性が高くなってしまいますので、利率は通常のものよりも高く設定してあることが多いです。また、中には違法業者が含まれていることもありますので、利用するときには比較サイトなどで実際に借入をした人のレビューを参考にしたり、貸金業登録をしてからどれくらい経過しているかなどの業者に関する下調べをしてから申し込みをするところを決めたほうが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.