ブラックでもカードローンの申請ができるってホント?だって消費者金融どこに申請しったって通らないんだもん。絶対ブラックなんだって。どうしよう。

ヤミ金以外を探すのは難しいわね

ブラックとは。これは信用情報のことですね。ブラックということは延滞のオンパレードだったってことですかね。どのような事情で返済が出来なくなってしまったのか。交遊費だったり、新車やブランド品の購入で返済が滞っているのであれば、これからは返済に徹するしかないでしょうね。ブラックであれば、ここ5年ぐらいは延滞したデータが消えません。
(⇒ブラックリストには何故なってしまうのか

カードローンとは。金融会社から現金を融資してもらうことです。少額では1,000円~500万ぐらいの借入れが消費者金融では標準でしょうね。金利も約3%~14.95%だと思ってください。元金が大きいほど利息を抑えて借入できます。(参考ページはこちら→融資の利息について

申請で大切なこと。基本は、他の消費者金融に借金が無い方がいいですね。ですからブラックでどうしようと嘆くのは、借入ができない可能性が高いということをご存じなようです。それでも、ヤミ金以外の金融機関を諦めずに探していく必要があります。融資をしたほうは、貸し倒れをしてほしくは有りません。

どこだったら通る。消費者金融ばかりをあたっていますね。借入が複数の業者に渡るのであれば、銀行や労金の借り換えやローンの一本化がいいでしょう。完済まで辛抱が必要になります。でもずっと続くものではありません。「今回は使いすぎたなぁ。」で返済に徹しましょう。(参考ページはこちら→借りやすい金融業者について

どうしようもないとき。万が一銀行や労金でも借入れが出来ない時は、最終的には債務の整理に入ります。この場合はどうしようもありませんが。債務整理を行った場合、クレジットカードやローンのカードを作れるのは約10年後です。その間も破産したという事実が、信用情報に残ってしまうためです。

ブラックでカードローンが作れない時どうするべき?

現在は便利な世の中になりました。急な用事でお金が必要になったとしても、最速で30分でお金を借りられるのです。非常に便利なのでいざというときのためにカードを作っておくという人もいらっしゃるほどです。

しかし便利がゆえあたかも自分のお金であるかのように使い込んでしまい、返済期限を守れなかったり、延滞の回数が多かったりするとブラックリストに載せられてしまうことがあります。ブラックリストというのは消費者金融などで共有されているので、そうなるとカードローンが作れないという事態に陥るのです。それでもカードローンを作る必要がある際はどうしたらいいのでしょうか。

異動が付いてしまった場合は、5年間はカードを作れないと言われていますが、それは正しくはありません。審査に通りにくいというだけで、5年以内でも審査に通る方もいらっしゃるのです。期限が過ぎたり滞ったとしても、完済したのであるなら、とりあえずカードローンの申請をしてみるという方法もあります。

また、債務整理や自己破産を行った場合は5年間はクレジットカードを作れません。ただし、債務整理の場合はまれに5年たたないうちに審査に通るケースもあるので、試してみる価値はあります。ただ、やみくもに審査を受けるのは非効率的なので、その際はCICやJICCで自分の債務整理の情報が消えていることを確認してからがいいでしょう。

ブラックでカードローンが作れない場合でも、以上のようなことに気を付ければ審査に通る可能性もあるのです。そのためには審査の緩いカードローン会社にあたってみることです。大阪や神戸限定ですがラビットはそんなブラックでも審査が通る確率の高い企業の一つです。同じく関西圏ですがアルコシステムも審査が甘いと有名です。またフクホーなら全国どこでもネットから借入診断が可能で便利です。

ブラックでカードローンが作れないとお悩みの方はこういった審査の緩めの企業の審査にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。
(⇒審査が緩めの金融業者について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.