急にまとまったお金が必要になり、今、自分には貯金などの手持ちのお金が一切ないのでカードローンで借り入れたいと思っています。どうしても必要なお金なので借りられなかったら困ります。何社かから借り入れを行おうと思っていたのですが、友人にそれをするとブラックリストに載るからやめておいた方がいいと止められました。

カードローンを何社かに申し込むとブラックリストに載るのですか?何社からも借り入れを行っている知り合いもいるので納得がいきません。本当に何社にも申し込みするとブラックリストに載るのでしょうか?(参考ページはこちら→ブラックリストになってしまう要因について

ブラックにのる?カードローン複数社の同時申し込み

複数社に同時に申し込みを行うと「申し込みブラック」や「申し込み不審者」という要注意人物と見なされます。

金融機関は個人信用情報機関というところに加盟し利用者の情報をすべて登録して一定期間保管されることになっています。個人信用情報機関に加盟する金融機関はこの情報を共有することができます。審査の際、他社から借り入れがないか自己破産者や金融事故者でないなど、利用者の過去の金融履歴を検索閲覧することができます。

申し込みの情報は半年間保管され半年経てばデータは抹消されます。半年の間に複数社に申し込みを行うと、「なぜそんなに複数社に申し込みを行うのか」という邪推をされて要注意人物と見なされ審査に影響するようです。

多重債務自体は問題ないですが、同時期に複数社に申し込みを行うと「申し込みブラック」と判断されてしまいますので、1社申し込んだ後は他社には半年経ってから申し込まれた方がいいと思います。

【参考ページ】
ブラックリスト状態での融資申し込みの注意点

カードローンでブラックにのる場合はどんな事例か

カードローンはとても便利なサービスですが、利用することでブラックにのるのではと心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。借入を行うこととなりますが、ただそれだけではブラックリストにのるということはなく、ブラックにのるのは。その利用に問題があった場合です。それゆえにブラックにならないよう、正しく利用していくことが大切です。

借入をしていても、その返済が順調に行われていれば、まず問題とはなりません。うっかりミスで遅延などがあった場合は、すみやかに連絡をし、できるだけ早く返済手続きを行っておきましょう。一度ぐらいなら問題視されないことも多いですが、あまりに頻繁に遅延があると今後の審査に影響が出る場合もあります。

そしてカードローンは利便性が高いゆえ、つい借入を増やしてしまったり、使いすぎてしまうことがあります。一ヶ所だけではなく、複数社から借入を行い、いわゆる多重債務の状態になっている場合もブラックになる場合があります。

カードローンの返済が順調でなくなった場合、債務整理を選ぶことも多くなっていますが、こうした場合もブラックにのるということとなってしまい、その後しばらくは新しくカードを作ったり、ローンを組めなくなってしまうこととなります。そして、この場合もずっと情報が掲載されるのではなく、ある程度の年月が経つと消去されることとなりますので、債務整理などを行った場合は、その後のお金の管理はしっかり行い、金銭的なトラブルを起こさないようにしたいものです。

そのほかでは延滞や債務整理を行っていないにもかかわらず、審査に落ちてしまう場合は、申し込みブラックになっていないか気をつけましょう。これは短期間に複数社に申し込みを行っているというもので、お金を貸す側からすると、お金によほど困っているのではと判断されてしまう場合もあります。こうした場合も数ヶ月はその記録が残ってしまいますので、一度に多数の業者に申し込むことは避けたほうが良いでしょう。
(⇒一回で確実に使えるようになりたいなら審査の緩い業者がお勧め

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.