金融機関カードローンのブラックリストとは何ですか?

信用情報機関では「事故」と呼んでいます

お金返すの遅れたからブラックリストに載ってしまったかも」という会話を聞いたことはありませんか?そもそも、ブラックリストってなんでしょう?一般に、クレジットカードやカードローンなどを利用していて、返済が遅れることを信用情報機関では「事故」と呼んでいます。信用情報機関では、利用者ごとにこの「事故」に関する情報を記録していますが、その記録のことを一般的にブラックリストと呼んでいるのです。

では、どういったことをすると「事故」とされ、ブラックリストに載ってしまうのでしょうか?おおざっぱに言えば「お金を返さなかった場合」に載ってしまう、と考えておけばいいでしょう。具体的には、先にも述べたように、クレジットカードやカードローンの料金を延滞すること、延滞を繰り返して契約を解除されること、自己破産、個人再生、任意整理などの法的整理などがこれにあたります。
(⇒ブラックリストになってしまった後に知りたい事

そういった経緯でブラックリストに載ってしまった場合、何が起こるのでしょうか。有名なところとしては、クレジットカードが作れない、カードローンを使うことができない、などが挙げられます。信用情報機関の情報は、金融業全体で共有されている情報です。どこかの会社に対してお金を返していなければ、「この人はお金を返してくれない人だから、新規に貸すことはできない」とみなされてしまうのです。

しかし、一定の期間を経ればこの信用情報は書き換えられると言われています。新規にカードローンを借りようとする人は、自分がどこかでお金を返し忘れたりした経験はないか、チェックしてみるといいでしょう。

金融機関のカードローンで必ず審査落ちするブラックリストとは

日常生活には意外とお金がかかるものです。特に贅沢なことをしているわけでもないのに、月々の家賃の支払いや、付き合い上の飲み会や食事会、家族のリクリエーション、子供の教育費、さらには怪我や病気に陥った際の通院費や治療費など、思いがけない出費がいくつも発生してしまいます。またそんな時にお金が不足してしまうと大いに困ってしまうもの。ここは無理をして生活に支障をきたすよりも、金融機関の借り入れサービスを効率良く利用することで、なんとか順調に難を逃れたいものです。

中でも金融機関が提供するカードローンは一枚の専用カードを携帯しておくだけで、もしもお金の不足に見舞われたならそれを持って提携ATMに駆けつければ簡単に融資金を手に出来るという優れもの。最近ではコンビニチェーンと提携しているブランドも多く、深夜でも明け方でも自分の都合の良い時に訪れてATMを利用できるので大変便利になってきています。

ただし、この便利なカードローンを活用するためにはまず然るべき審査を受けなければなりません。その窓口としては実店舗の窓口やインターネット、電話、自動契約機などがありますが、いずれを利用する際にも申し込みフォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収といった個人情報を書き入れた上で、担当者による入念な精査を受けることになります。

この時、職業や年収などから借り入れ額分の返済能力の有無を判断することも大切ですが、もう一つの重要なポイントとして信用機関への照会といったものがあります。申請者が過去にも何らかの借り入れサービスを利用したことのある場合、その情報はすべて信用機関に一度インプットされることとなります。それゆえもしも過去に返済不能に陥ったり、返済が遅れたり、または短期間に幾つもの借金に申し込みを行ったりなどするとブラックリストとして取り扱われてしまうのです。
(⇒信用情報の管理は慎重に

ブラックリスト入りを果たすと、その人は返済能力が疑わしい人物として記録され、それ以降の複数年に渡って他の金融機関の審査においても通過することが困難になります。それゆえ、どこの金融機関で借金申し込みを行っても審査落ちするケースが続く場合には、もしかすると信用機関においてブラックリスト入りを果たしている可能性もありますので、注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.