銀行カードローンの契約は非ブラックの証か

キャッシングベスト3

私は5年ほど前にクレジットカードの支払いを長期にわたって滞納させたことがあり、カードが利用できなくなりました。そのため私はいわゆるブラックではないかと心配しており、カードローンに申込むこともできていません。先日友人に相談したところ、銀行のカードローンが作れたらブラックでなくなるのではといわれました。

銀行のカードローンが作れたら本当にブラックでなくなるのでしょうか。

銀行のカードローンの利用とブラックとは直接的な関係はないです

金融業界でいうブッラクは信用事故を起こしてその記録が信用情報機関に残っている人を指します。そのブラックの人に対しても利用を認めるカードローン会社はありますが、銀行の審査は厳しく契約することが少ないように見られています。そのため、銀行のカードローンが作れたらもうブラックの状態ではないと思う人もいるようですが、そのこととブラックの状態からの離脱とは直接的には関系しないのです。

クレジットカードやカードローンの利用で過去に信用事故を起こせばその情報は信用情報機関に記録されていきます。そして、その情報を金融機関や貸金事業者は閲覧することができるので、申込者が信用事故を起こしている人かそうでないかを直ぐに判断でき審査に役立てることができます。つまり、信用事故を起こした人は審査を通過することが難しくなるわけで、こういう状態の人が金融ブラックといわれています。

したがって、その情報が消えるまではブラックな状態ということになるのですが、信用情報機関の記録からその事故情報が消えるのに5年、7年といった期間がかかるといわれています。しかし、その信用事故の内容も人それぞれで異なりその事故の深刻さや悪質さも違うため、その内容によっては記録が消えない状態でも融資を認めるローン会社も存在するのです。

ただし、銀行の場合は、以前からの担保主義・保証人主義という体質があるため審査は厳しめであり、特に信用事故を起こしている人への融資は行われることは少ないとみられています。そうした銀行の厳しさからそのカードローンを利用できればブラックの状態から離脱できたと考える人もいるようですが、直接的には関係がないとみてよいでしょう。

ブラックであるかどうかは信用情報機関に信用事故情報が残っているか否かで決まるといえるので、銀行のカードローンの利用とは直接的には関係ないのです。しかし、現実的には多くの銀行は信用事故を起こしている人にはローンを利用させることが少ないので、信用事故がない人が銀行のローンを利用できる、銀行のローンを利用できれば実質的にはブラックではないと言い換えることができるかもしれません。

もしブラックであることが気になるようなら銀行のカードローンを申し込む前に信用情報機関へ自分の記録の照会を行って確かめてはどうでしょうか。個人でも自分の記録を確認することができます。多少手間がかかりますが、自分の信用状況を確認できるのでブラックであるかどうかを気にすることは無くなります。

【参考ページ】
ブラックの概念について再確認

銀行カードローン作れたらブラックじゃない

現代の世の中に必要なものとして挙げられる代表的なものといえば「お金」です。現代においてこのお金というものは、必要不可欠なものです。なぜなら、食料や日用品などの生活に必要な物などは、まず物品と交換可能な額のお金を用意しなければならないからです。

また、年間のお金を稼いだ額、いわゆる年収が、さまざまなものを判断する基準のようなものにもなっています。例えば、所得税や保険料の額などは、前の年度の年収によって納めるべき税額や保険料の額が決定されたりします。このように、お金というものは、現代の社会生活において非常に重要な位置を占めているものであるということができるでしょう。
(⇒融資でも稼いだ金額というのは重要です

日常生活において、このお金が必要な時に必要な分だけ手元にあるかといえば、必ずしもそうではありません。どうしても必要な時でありながら、手元には無いということも十分ありえます。そんな時に便利なのが、カードローンです。このカードローンというものは、銀行や消費者金融会社などのATMという機械によって、簡単にお金を借りることができるというものです

しかし、カードローンを利用する前に必ず必要なことがあります。それは、審査です。審査とは、銀行や消費者金融会社のような貸し手側が、一般の利用客のような借り手側に対して、お金を貸しても良い状態にあるかどうかを確かめることです。ローンは、実際に貸し付ける額をただ返済すればいいのではなく、それに加えて金利の額も合わせて返済しなければなりません。こういったことから、金融会社側は、借り手側に対して十分に審査をする必要があるのです。この審査を通過すれば、ローンを利用することができるようになります。

ローンの利用者側に対する概念の一つに、「ブラック」と呼ばれるものがあります。このブラックとは、過去にローンの返済に滞らせてしまったり、自己破産などになっていたりなどの履歴に対する言葉のようです。こういった履歴が審査においては大きな判断材料にされるので、このような履歴のある場合は銀行などで再度ローンを利用しようとしても、審査を通過することは極めて厳しいということがあるようです。したがって、銀行カードローン作れたらブラックじゃないという認識を持つことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.