内定者はカードローンを借りることができるのですか?

内定を頂いてから、卒業するまでは比較的時間があるものです

何かと大変な就職活動を、「内定を頂く」という形で終えた皆様、おめでとうございます。そんな皆様がカードローンを使ってお金を借りることができるのか、ということについてですが…「パートやアルバイトをしているかどうかで異なる」というのが本当のところです。それはなぜなのか、説明しましょう。
(⇒学生のうちに融資を受けるのも楽じゃ無い?

カードローンを提供している会社は、借入の条件として、「安定した収入があること」を掲げています。これは、「一定の職業についていて安定した収入があること」を指しているのですが、その職業がアルバイトやパートでも構わない、ということです。パートやアルバイトでも申し込みができる商品については、消費者金融会社はそのことを明確に掲げています

消費者金融会社がお金を貸すにあたり、一番チェックすることは、「貸したお金が帰ってくるかどうか」ということです。そのため、何らかの形で安定した収入があるか、ということは厳しくチェックされるのです。もちろん、アルバイトやパートで得られる収入は、正社員として働いて得られる収入よりは少ないのが普通です。そのため、カードローンを組めたとしても、利用可能金額は少ないのが普通でしょう。

内定を頂いてから、卒業するまでは比較的時間があるものです。卒論を書かなければいけない、などの学業面の大変さもあるでしょうけど、アルバイトをする時間は十分にあるはずです。カードローンを使いたい、と思う人はアルバイトをきっちりするようにしましょう。

現在就職していない内定者はカードローンを使用できるか

就職活動が終わり、就職が決定した内定者はそれまで忙しかった生活が一変し、何かとお金が入用になるものです。例えばスーツ着用が義務付けられているところではスーツ代にお金が必要です。また、それまで忙しかった生活が一変して時間にゆとりを取れる時期でもあるため、趣味や遊び、内定祝いなどの面でもお金がかかる場合が多くあります。しかしこれらのニーズを満たしたビジネスを実行しているカードローン会社はほとんどないのが現状です。
(⇒たくさんあるカードローン会社

無論、カードローンの審査は会社によって大きく違うものなので必ず審査に落ちるというわけではありませんが、多くの会社の利用客には安定した収入を維持している人にしかお金を貸すことはできないという旨が記載されています。このため、バイトをしている等で安定した収入を得られている状態であればもちろん借りることができます。しかしながらたとえ安定した大きな収入を見込め、なおかつ誰もが知っているような知名度のある大企業の内定を得た人であっても現時点で収入を得ていない場合はほとんどの場合、カードローンを利用することはできません。

各ローン会社はリスクを極端に嫌います。内定というのは将来就職が確定している状態ではなく、場合によっては内定が取り消される場合もあります。ほとんどの場合内定は解約権留保付労働契約という試用期間が設けられているため、企業側としても簡単に内定を取り消すことができるのです。これが実際に就職したらそうはいきません。何の理由もなく解雇することは法律で禁じられていますし、たとえ理由があるにせよ強制解雇をすることは社員をかかえる企業側にとっても大きなリスクを伴います。

ただし難しいという話であって必ずしも無理というわけではありません。内定が確定したことを証明できる内定証明書を提出することでお金を貸してくれるところもあります。さらに内定と一口に言ってもその実態は様々で、内定決定後すぐに働きはじめる人もいれば、10ヶ月以上もの期間を経て働く場合もあります。もちろん内定から就職までの期間が短ければ短いほど審査に合格する可能性は高くなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.