学生カードローン、審査楽で使いやすいのは

キャッシングベスト3

大学一回生、一浪しているので二十歳の男性です。もう未成年ではないので、バイトをしていてそこそこの収入があれば、カードローンをつくることも可能かな、とは思っていたのですが、どうやら学生ローンといって、学生専用のカードがあるようですね!
(⇒未成年でも貸してくれる金融業者は居るの?

先日、晴れて彼女もできたし、サークルの打ち上げ、旅行などでまとまった額のお金が必要になることもしばしば…。今後の生活の安心のためにもカードローンをつくっておきたいのですが、審査に通りやすく、使い勝手のよいカードローンがあったらぜひ教えてください!(参考ページはこちら→審査が通りやすい融資と言えば

バイトの定収入があれば審査には問題なし!学生ならでは特典も…

社会人でなければカードローンはつくれない!と思っている人は多いけど、学生でもカードローンを利用することはもちろん可能。いくら学生って言ったって、ひたすら親のスネをかじって机にしがみついて勉強だけしてればいいってわけではない。高校時代は、校則でバイト禁止!なんて学校も、とくに成績優秀な生徒ばかりの進学校なんかでは多いけれども、大学にはそんな校則はないからね!

ただ、リポートなんかの課題が多すぎて、とてもじゃないけど、バイトをしてる余裕なんかはない!っていう勤勉学生もいるけど、そうじゃなかったら、社会勉強のためにもアルバイトはいい経験になると思うな。

バイトをしていて、ある程度の収入があれば、カードローンをつくることは可能。そのある程度の金額がわからないって?…そうだね。アルバイトって言っても、種類はピンからキリまであるからね。

たとえば、友人宅の引っ越しをたまたま通りがかりに手伝って2000円もらった…。一時間弱の働きで2000円もらったとしたら、わりのいい仕事ではあるけれど、これは臨時収入であって定期収入ではない。

週5回、大学帰りにコンビニで6時間程度のバイトをする。これを一ヶ月つづけたとしよう。コンビニのバイト代は、首都圏と地方では物価の違いもあるし、差があるとは思うけれど、考えやすい金額で1000円ということにしておこう。もしかしたら、食事代とか税金とかいろいろさっぴかれるかもしれないけど、そこはとりあえず抜きで考えるとして、時給1000円で一日六時間だから、一日の収入は6000円。これが週に5回だから、一週間で3万円、一ヶ月で12万円ということになるよね。このペースでのアルバイトを一年間つづけたら、年間100万円以上の収入を得ることになる。

この年収100万円以上の三分の一までの金額が、貸金業法という法律で定められている、「個人が貸金業者などから借りられる金額」ということになっているんだ。(参考ページはこちら→収入で融資額が決まるルールについて

学生ローンは、きちんとした定収入のある学生ならば、審査に通らないことはまずない、と言われている。バイトをしていて収入があれば、まず問題なく審査に通るだろう。また、学生ローンでは、学生ならではのお得なサービスを付帯しているところが多いよ。テレビCM等でお馴染みの大手消費者金融でも学生ローンを扱っているところは多いから、せひいろいろ比較して自分にピッタリのカードローンを見つけて欲しいな!

低金利の学生のカードローンの申込み方法は

大学生や専門学校生になると、高校時代よりも自由な時間が増えるので、趣味にのめり込んだり、デートやサークル活動に出かけることが多くなります。ほとんどの学生がアルバイトをしているでしょうが、ギターやフィギュア購入などのお金のかかる趣味を持っていたり、デートやサークル活動で頻繁に遠方に行くことが増えると、さすがに少ないアルバイト代をオーバーしてしまうこともあるでしょうね。しかしどうしても欲しいものがあったり、恋人や仲間の誘いを断りたくないと思ったら、学生のカードローンに申し込むことをおすすめします。
(⇒学生向きな融資とは?

一般のカードローンは20歳~65歳前後の方が利用出来ますが、学生の場合は親の同意書があれば、18歳からでも利用出来るところがあります。ただし安定した収入がなければならないので、アルバイトをしている方でなければ、審査に合格するのは難しくなります。短時間でもいいのでアルバイトさえしていれば、返済の見込みがあると思われるため、銀行や消費者金融など、どこのローン会社であっても、審査に合格することが出来るでしょう。

ここで注意しておきたいのは、ローン会社によって金利に違いがあるという事です。低金利の会社からお金を借りないと、余計な利息を払わなければならないので損になります。学生が稼げるお金は限られていますから、出来るだけ低金利のところの選んで申し込むようにしたいですね。

低金利の学生のカードローンの申込み方法は、インターネットや電話を使うと簡単なのでおすすめです。もちろん銀行や消費者金融などの窓口へ行き、直接申し込むことも出来ますが、自宅や学校からかなり離れた場所にある場合は、そこまで足を運ぶのが面倒です。しかしインターネットや電話なら、自宅からでも外出先からでも申し込めるので、これほど便利な方法はありません。特にインターネットなら24時間365日いつでも利用可能なので、パソコンやスマートフォンを使い、好きなときに申し込むことが可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.