就職内定者のカードローン事情について教えてください。

就職内定者でも借りることができる場合もあります

「内定もらった!でもこれから卒業旅行とか身の回りのもの揃えたりするのでお金がかかる・・・」こんな悩みに直面している人、いませんか?就職活動が成功することは安心材料の一つですが、また別の悩みも生じるものです。そんな、就職活動が成功し、内定を得た学生の方がカードローンを借りるにはどうすればいいのでしょうか

まず、カードローン自体に申し込みができるのか、ということを考える必要があります。あるカードローンサービス提供会社の申し込み条件によると「20歳以上で、安定した収入のある方」と書いてあります。そのあとにカッコ書きで「就職内定者の方は申込みできません」とも書いてあるのです。これはなぜでしょうか。
(⇒成人していないとどこも融資してくれない?

就職内定者は、あくまで「その会社で働くことが予定されている人」という身分です。つまり、あまりあっては欲しくないことですが、「内定取り消し」ということもありえます。「内定をいただいている」、というだけでは、「その会社で確実に働く=確実に安定した収入を得られる」とみなしてくれないということなのです。

とはいっても、まったく借りることができない、というわけではありません。カードローンサービス提供会社によっては、就職内定者でも借りることができる場合もあります。収入証明書の提出が不要、という会社はねらい目です。とはいえ、就職が決まって学校を卒業するまでは、時間は意外とたっぷりあるものです。アルバイトもしつつ、計画的にカードローンを使って残りの学生生活を充実させましょう。
(⇒計画的なカードローンの使い方

就職内定者が利用できるカードローンはあるのか

カードローンを利用する場合、まずは申し込み手続きを行うこととなりますが、この場合も安定した収入があることが大切で、申し込み用紙にも勤務先の情報などを書くことがほとんどです。それゆえに、まったく仕事を持っていない方の場合は申し込み手続きが行えなかったり、申し込みをしても審査にクリアできない場合もあります。
(⇒融資を受けるには収入は絶対に欠かせません

そして、現在無職という方もそれぞれ事情には違いがあります。退職などで仕事を行っていない場合もあれば、専業主婦や主夫の方で本人に収入がない場合であっても、配偶者に安定した収入がある場合もありますし、今は仕事を持っていなくても、すでに就職が決まっていて、間もなく仕事を始めるという場合もあります。
(⇒融資審査では仕事の種類は問わない?

就職内定者の方の場合は、正式に職場で仕事を始めるまではまだ無職の状態ですので、カードローンに申し込む場合も、就職してから手続きを行ったほうが審査もより問題なくクリアできると言えます。特に急いでいるのでなけらば就職してから申し込み手続きを行うのも良いでしょう。

とはいえ、就職前は引越しなど何かと物入りになることも多いので、融資を利用したいという場合もあるのではないでしょうか。就職内定者の場合は、近い将来安定した収入を得られる可能性が高いですが、やはり企業の事情で内定が取り消されるという可能性がないわけではありません。カードローンの審査の場合は内定があることが重視されるのではなく、現在収入があることが重視されます。それゆえに内定だけでは審査には有利とならない場合もあります。

カードローンの利用は正社員の方だけが行えるものというわけではなく、パートやアルバイトの方でも、安定した収入があれば申し込むことが可能です。それゆえに正式な採用が決まるまでアルバイトなどで収入のある方なら、その情報で申し込みを行ってみるのも良いでしょう。この場合は、それほど多くの融資を受けられない場合もありますが、少し引越しの費用が足りないなどちょっとした出費なら対応できることも多いものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.