生活保護を受けてもカードローンを組めるか

キャッシングベスト3

私は子供2人と暮らす主婦ですが、就職が決まらず生活保護を受けています。生活保護の給付金だけでは生活費が賄えず生活が困窮しており、わずかな期間でもカードローンが利用できないかと思っています。

私のような生活保護受給者でもカードローンを組むことができるでしょうか。

現実的には困難です。組める場合でも闇金などには注意が必要です

カードローン事業者の利用対象者は安定した収入が得られる人となっているため、就業などによる収入のない生活保護受給者がカードローンを組むことは現実的には困難といえます。しかし、その生活保護受給者の状況によっては融資を行う中小の消費者金融が存在しているとする情報がネットで見られることもありますが、法外な金利を貪る闇金などの悪徳業者の罠にかからないように注意する必要があります。

そもそも生活保護受給者がカードローンを利用してよいのかと考える人も少なくないかもしれませんが、生活保護費の一部をローンの返済に充てても法律上は問題がないと考えられます。生活保護費の使途に関する細かい制限は法律では規定されていないので、その一部をローンの返済に使っても大きな問題にはならないといえるのです。

しかし、法律上や道義上の問題は考慮する必要がないとしても実際に生活保護受給者に対して融資を行ってくれるカードローン事業者はきわめて少ないはずです。その理由はローン事業者が安定した収入のある人を利用対象としているからです。生活保護受給者は生活保護費という安定した収入を得ているとも言えますが、生活を最低限度維持するための額でありローンの返済に充てる余裕のお金は少ないと考えられるからです。

したがって、現実的には生活保護受給者は正規の貸金事業者として登録されている事業者のカードローンを利用することは難しいと考えるのが妥当でしょう。ただし、中小の消費者金融などではその生活保護受給者の状況に応じて柔軟な対応を取ってくれる可能性もあります。

例えば、生活保護受給者であっても近いうちに就職して安定した収入が得られる、良い条件のパートやアルバトにつくことができる、などの就業上の改善があれば、その内容に応じて融資を考えてくれる事業者の存在は否定できません。正規に登録している中小の消費者金融の中には利用者の状況を詳細に把握して融資を決定するところもあります。

そうした情報がネット上の口コミなど見られて利用者の参考となることもあるのですが、闇金などの悪徳業者の勧誘記事に繋がっていることもあり得ます。簡単な審査だけで融資をちらつかせるような場合には罠の可能性もあるでしょう。手続を手早く進めて契約を急がせ、気づかないように法外な金利をむしり取るような契約を強いることもあるので細心の注意を払う必要があります。

このようなことから生活保護受給者がカードローンを利用することは困難であり、またリスクをともなうこともあります。そのためできれば就業面の改善を図ったうえで、大手のローン会社などを検討するのがよいでしょう。それでも資金面で苦労が続くようであれば、公的な貸付制度の利用を考えてみてはどうでしょうか。

【参考ページ】
どんな形で収入を得ていれば融資は受けられる?

生活保護でもカードローンを利用する事ができるのでしょうか?

生活保護を受けていれば最低限の生活をすることはできます。仕事をクビになったり病気になったりして収入が途絶えた人にとっては非情に有り難い制度です。ただ、支給される金額は生活をするためにはぎりぎりの金額でしかありませんので、それでは少し足りないと感じる人も中にはいるでしょう。

ぎりぎりの生活ですから、お金が足りなくなったときには借り入れをしたいと思うこともあるでしょうが、実際には借りることができるのでしょうか。結論的に言えば、まともな金融機関からは借りることはできません。例えば、銀行や大手消費者金融のカードローンの申し込み条件を見れば、「安定した収入があること」や「継続して収入が見込まれること」などが貸付の条件となっています。(参考ページはこちら→大手ほどきっちりとした審査のルールがあります

生活保護で支給される資金が安定した収入や継続した収入と見なされるのかどうかは金融機関の判断によって異なるのですが、そもそも働いて稼いだお金ではありませんから、収入と見なされないことが多いのです。ですから、普通に営業している金融機関から借りることは難しいと考えておいたほうが良いです。
(⇒無職と判定されると融資は受けにくいです

消費者金融やヤミ金の中には貸し付けを行うものもあるようです。お金に困っているときに貸してくれる業者があれば、飛びついてしまいそうなものです。しかし、これは非常に危険なことだという認識は必要です。なぜかと言いますと、生活保護を受けている人はローンやクレジットなどを利用してはいけないことになっているからです。この点には良く注意しておかなければなりません。
(⇒そもそも闇金から借りる事自体が論外です

100%借りることができないわけではなくて、もしかすると貸してくれる業者があるかも知れません。しかし、そのことがバレてしまうと生活保護を打ち切られるケースがあります。もともと収入は支給された資金だけですから、返済をすることも不可能になるでしょう。このようになってしまうと悲惨ですから、生活保護を受けている人はカードローンを利用するべきではありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.