現在失業中で失業手当をもらって生活しています。しかし、もうすぐ手当がもらえる期間が終了してしま、本当の無職になってしまいます。どこかに就職したいとは思って就活をしているのですが、まだ次の就職先は見つかっていません。失業手当がなくなると生活ができなくなるのでカードローンで借り入れたいと思っているのですが、無職でも借り入れ可能なカードローンってありますか?

無職でも借り入れ可能なカードローンってある?

無職では借り入れはできないですね。就職してからであれば借り入れは可能でしょう。カードローンの審査で通らない理由はいくつかあります。一番審査に通らないのが無職です。審査ではその人の返済能力がどれくらいあるのかということを提出書類に記入された勤務先や年収などから査定します。

無職であればお金が入ってくるところがないわけですから返済能力がないと判断されます。返済能力がない人にはお金を貸せないとなりますよね。就職先が見つかって働き始めてから借り入れすればお金が入ってくる先があるわけですから借り入れは可能になるでしょう。(参考ページはこちら→融資を受けられるかどうかの決まり方

せめて就職するまでの間だけでもアルバイトや派遣社員登録をすればどうでしょうか?少なからず安定した収入さえあればアルバイトや派遣社員でも借り入れができます。とにかく、働いてさえずれば少しでもお金を借り入れることはできますが、無職ではどこも無理ですね。借り入れができると言われたら闇金かもしれないので気を付けて下さいね。

無職の人でも借り入れ可能なカードローンとは

お金の借り入れができるカードローンは一定の収入があることが申し込みの条件として書かれていることも多いです。なぜ収入が無いと借り入れできないかというと、お金を融資しても返済できない可能性が高くなってしまうからです。お金を融資する方から見ると、貸したお金に金利を上乗せして返済してもらうことで経営が成り立っているにも関わらず、金利はおろか貸したお金自体が返済されないということは大変な経営危機と言えるのです。借りる側は、金利を払うことでまとまったお金を借り入れることができるのですから、貸してもらった以上はきちんとルールに従って返済する義務があります。

では、無職の場合は借り入れ可能なところは無いということになるのでしょうか。申し込む時に勤務先を記入したり勤務先に在籍確認をしたりすることがありますが、無職ですと勤務先が無いということになります。しかし、無職でも収入がある方もいますし、専業主婦の方も無職ということになります。勤務先が無くても収入があれば借り入れ可能ということはあります。何らかの収入があるならばその証明ができれば良いということになるでしょう。

カードローンの申し込み条件では収入があることが条件となっていますが、これは必ず会社などに務めていなければならないということではありません。最近は働き方も多様化していますし、資産や株などの収入があるという方もいるでしょう。勤め先が無いということで借り入れ可能なところは無いと諦めるのではなく、同じような状況の方でも申し込めた人の情報について調べてみると良いでしょう。似たようなケースが見つかれば、その人が申し込めたカードローンに申し込んでみると良いのではないでしょうか。審査の結果が出るまでは誰しも不安で落ち着かないものですが、審査は必ず必要なものです。最近は申し込みから融資まで一日で完了するようなところもありますので、待つのが苦手という方はそういったカードローンを選ぶと良いでしょう。
(⇒審査に通るか不安なら簡単なところを使ってみよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.