就職活動に失敗して半ば引きこもりのような生活を送っている、いわゆるニートと呼ばれる人間です。こんな僕ですが、好きな人ができて、なんとかデートの約束をこぎつけることに成功したんです。

やはりかっこ悪いところは見せられない、でも先立つものがない…。というわけで、カードローンの利用を考えているのですが、ニートでも審査に通るでしょうか?

完全なニートのままではカードローン審査に通るのはほぼ無理です

残念ながら、今の完全なるニートのままでカードローン審査に通るのはほぼ無理と言わざるを得ないわね。そもそもカードローンの審査っていうのはね、『お金を返せる収入と状況であるかどうか』っていうのを確認するためにあるのよ。つまり無職無収入のニートではその土俵にも上がれないというわけ。

どうしてもカードローンを利用したいなら、少なくともニートという肩書からは抜け出さないといけないわ。例えば、登録制のものや短時間でもいいからアルバイトやパートを始めるとか、あるいはもうちょっと頑張って派遣会社にまずは登録だけでもしてみるとか。あとはそうね、在宅のままでもできるネットオークションの出品や内職みたいなものをして、形だけでも個人事業主と名乗るか…。とはいえそれでも継続して収入を得ているわけではない以上、審査に通る可能性が出てくるっていうだけで確実に通るとは言えないわけだけど。

それから1つ注意しておくけどね、いくらお金を借りたくても手を出しちゃいけない、危険なカードローン業者があることも覚えておいて。実はネットなんかで探すと『無職でも借りれる!』なんて広告を出してる業者は少なからず見つかるの。でもそれに飛びついちゃいけない。そういうのはまず間違いなく違法営業の闇金融か、それに近いグレーな業者よ。一度借りたが最後、法外な金利や強引な取り立てに泣く羽目になる可能性は非常に高いわ。

カードローンはまとまったお金を用立てるにはとても便利なサービスだけど、そのお金は最終的には利息も含めて返さなきゃいけないもの。審査に通らない状況っていうのは、端的に言えばお金を借りるには適さないっていうことなのよ。それも加味して、カードローンの利用についてよく考えてみて。

ニートの立場でカードローンの審査に申し込む

ニートというのは仕事をせずに、親の収入に頼って生活している人のことを言います。そういう人というのは、一般的な人と比べれば物欲など、お金を使うことに対する欲求が低いということが珍しくありません。お金をあまり使わずにいられるから、ニートでいられるというわけです。ただ、そういった人であっても、クレジットカードやカードローンに申し込む場面が出てくる可能性はあります。たとえば、資格を取りたいと思った時などです。

ニートというのはずっと、そういう生活を送るとは限りません。たとえば、失業してしまってやる気がなくなり、一時的にそういう状態になったけど、何かのきっかけでやる気を取り戻すということも十分あり得ます。しかし、働いていない期間が長いと、仕事に就くのは難しいです。そういう時に役に立つのが資格ですが、資格は無料で取れるということはまずなく、試験を受けるためにお金を払わないといけません。

しかし、ニートの場合、その試験料が捻出出来ないということもあり得ます。親の収入が低く、ぎりぎりで生活しているという場合、五千円や一万円を親からもらうというのが難しいからです。こういう場合に備えて、限度額は低くてもお金を借りられるクレジットカードやカードローンがあれば、なんとかなる可能性はあります。勿論、借りたら返済しなければいけないわけですが、お金を借りてから返済までに一ヶ月以上の猶予はあるので、一万円程度までならなんとかなるでしょう。

しかし、問題は仕事をしていないのに審査に通るかです。こういう場合、インターネットなどを利用して個人事業主としてお金を得て、自由業者として申し込んでみるという方法があります。定期的に一定額以上の収入があると認められれば、審査に通る可能性はあります。勿論、クライアントから報酬をもらったという証明はあった方がいいでしょう。金融業者がそれを提出するように言ってくる可能性があるからです。

【参考ページ】
無職の立場で融資を受けるのは厳しい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.