私は大学卒業後3年働いて資金を蓄え、その後2年ほど放浪の旅ではありませんが世界を見に行ってきました。最近帰国してそろそろ求職活動をしようと思っています。しかし既に蓄えは底をついてきており、最近は親の御厄介になっています。このためいつまでもこういう形ではまずいので、就職できるまでの間は借入で凌ごうと思います。そこで簡単に申込めて利用目的も限定されていないカードローンが良いだろうと考え、すぐに申し込みの準備を始めました。

しかし私が調べたカードローンでは無職はだめとか、安定収入がなければだめとかどうも私には使いにくいものしかありません。まあ無職という点も安定収入という点も、すぐに就職先を見つけるつもりですから、その点は求職中と言う事で納得してもらえると思っているのですが、それにしても審査というのはあまり気持ちの良いものでは有りません。万が一ということも有ります。そこでお聞きしておきたいのですが、求職中であればカードローンの審査は通りますよね。(参考ページはこちら→融資の審査はどんなものか一度見つめ直そう

求職中というだけではカードローンの審査は通りません

現在就職していてさらにもっと良い待遇を求めて求職中と言う事であれば、現在の年収などをもとに審査は通るかもしれませんが、あなたのように現在無職で求職中と言っているだけでは金融機関側から見れば単に無職としか見られません。もしそんなことで審査を通せば、無職の人はみんな求職中と言えば借りられることになってしまいます。あなたは考えが甘すぎますね。したがってカードローンの借り入れは難しいと考えます。

ですから就職できるまでの間はご両親に頭を下げて現在と同じように支援してもらうかあるいは自立とは言えませんが、収入がなく生活していけないわけですから生活保護を申請するしか方法はないでしょう。そんなことはできないというのであればできるだけ早く求職活動を初めて、良い就職口を見つけることです。現在はあなたが放浪に出たころとは違って多少は求人も増えてきていますし、あなたは面白い経験をしてきたと思うので関心を示す企業もあるでしょう。
(⇒生活保護時は融資を受けられるの?

それにしても、あなたは少し自分勝手なのではないでしょうか。大学を卒業して就職した時点でご両親はやっと肩の荷を下ろしたと思ったでしょう。それを3年でやめてしまって。放浪に出るというようなことはちょっと大人として理解しがたい行動です。よく若いうちに冒険しろとかいう人がいますが、それは資金計画も考えたうえで行うことです。それを帰国したら親にお世話になって、求職中なのにお金を借りたいというようでは、はっきり言って呆れてしまいます。

もし就職できたときは帰国後にご両親からもらった援助は必ず返済しましょう。もう子供ではないですから、そのくらいは心得てください。また就職後しばらくすればカードローンの契約も可能になりますが、あなたのような場合には借入してまたとんでもないことを始める可能性がありますから、あまり利用は勧めません。これからは将来のことを考えて地に足を付けて地道に生活してくことを考えるようにしてはいかがでしょうか。

求職中にカードローンの審査を通過するには

金融機関で融資をうけたい場合、まずはその会社の審査を受けるところからスタートします。審査は、この人にお金を貸してもちゃんと返してくれるのかどうか、という返済能力の有無を金融機関が見極めるために行われます。

この手続きの際に、金融機関が判断材料として使用するのが信用情報です。信用情報には、借金の情報や、過去の金融トラブルなど債務に関する細かい情報が記載されています。この情報が外部に漏れることは一切ありません。これにより、大きな負債を抱えていないか、安定した定期収入があると見なされた場合のみ融資をうけることができるため、なんらかの事情で失業中・無職の場合、融資をうけられないケースがほとんどなのです。

しかし、失業中だからこそ安定した収入がないためにお金が足りず、困っている人が多いのも事実です。すでにクレジットカードを持っている場合、それに付帯しているキャッシング機能を利用するという方法もあります。この方法であれば、改めて審査を受ける必要もありません。ただし、このキャッシングを利用する場合も、常に返済のことは忘れてはいけません。利息が予想以上にふくれあがり、二重に借金を抱えるようなことのないように、一時的な手段として、本当にどうしようもないときのみ利用するよう心がけることも大切です。

また、失業中の場合でも、アルバイトやパート、派遣などで定期的な収入を得ることのできる仕事に就いているならば、雇用形態が正社員以外の場合でも継続して一定の収入を得ていることに変わりはありませんので、審査を通過できるケースもあります。さらに、正規雇用を目指して求職中である場合も、上記のようにアルバイトなどの収入があれば問題ありません。信用情報に求職活動をしているという情報も記載されることもありません。カードローンの審査であれば、細部まできっちりと問われるような条件は存在しないため、求職中でも条件にひっかかるようなことはないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.