先日諸事情により仕事をやめました。今は働いていません。正社員ではなかったので退職金などもなく貯金もほとんどありません。実家に暮らしているので差し迫って生活に困ることはないのですが、最低限の支払いや買い物などを考えるとお金がないと困ります。

とりあえずはお金を借りて仕事をさがしたいと思っているのですが、無職でもカードローンでお金を借りることってできますか?もしくは、無職でもお金を借りられるようなカードローンってありますか?

無職でも借り入れできる?審査に通りやすいカードローン

結論から言うと無職でお金を借りるのは無理ですね。お金を貸す側はお金を貸すに当たってその人の収入などから返済能力を見て貸すわけで、無職だったら返済能力がないと見なされます。

カードローンの審査というのは収入と勤務先、勤続年数などの提出書類に記入された情報から月々にどれくらい収入があってどれくらいの支出があって、これくらい金額であれば返済できるだろうという金額を査定し、それを借り入れの限度額として決定します。無職であれば査定できないので、無職の時点で審査は終了となります。

もしどうしても借り入れをしたいのであれば、ご家族の保証人になって頂ければ借り入れできると思いますよ。もしくは、派遣でもいいので働くことですね。ほとんどのカードローンは安定した収入があればアルバイトでも派遣社員でも借り入れが可能です。無職でも審査に通るところがあるとすれば闇金の可能性も高くなるので気を付けて下さいね。

無職の人でも審査に通りやすいカードローンが存在する

私たちの暮らしには常に数多くの出費の機会にさらされています。自宅の家賃から生活費の捻出、ふと飛び込んできた飲み会や冠婚葬祭や急病や怪我に伴う治療、ファッションアイテムの購入、子供の教育費の支払いなどに至るまで、その可能性は数知れず。その途上でもしもお金が不足したならば、銀行や消費者金融でカードローンを活用すると便利でしょう。(参考ページはこちら→急な入り用にカードローンを使う

カードローンとは専用カードを発行して常に持ち合わせておくことで、何らかのお金の必要性が生じれば提携ATMから簡単に融資金を引き出せるというもの。最近ではコンビニと提携したカードローンも多く、それらを使えば一日24時間いつでも現金を借り入れることが可能です。

このカードローンを利用するには規定の申し込みを行った上で、審査をパスしなければなりません。まずは店舗窓口やインターネット、電話、無人契約機などを使って、氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの各種情報を記載した上で、必要に応じて身分証や年収証明書の提示を行います。これらの情報を受けて金融機関側の審査が行われるわけですが、特に職業と年収は重要で、これはそのまま申請者の経済能力や返済能力といったものに直結することが多いものです。

とはいっても、昔は確かにサラリーマンや公務員を始めとする職種と年収がしっかりした人が利用者の大部分を占めていたものでしたが、最近では働き方の多様化などによってその判断基準も激変しており、無職などで収入の不安定な人でも審査に通りやすい状況が生まれてきています。
(⇒職業による融資審査の優劣について

ただし、どのような条件での借り入れとなるのかについては、金融会社によってそれぞれ提示される条件が異なるもの。無職の人がどうにかして借り入れを行いたいと願う場合にはまずネットの口コミ情報や電話での問い合わせなどを通じて、自分が最適の条件で借り入れできるカードローンサービスはどれなのかをきちんと見極める必要があります。また、無職の場合でも何らかのアルバイト仕事に従事している場合には、借り入れ申請の際にその年収に関してもきちんと記載しておくことが大事です。そうしたならば、無収入の場合に比べて少しは有益な借り入れ条件が手に出来るはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.