自営業の主婦がカードローンを組むにはどうしたらいいの?銀行では難しそうなのでノンバンクの場合はどうしたらできる?(参考ページはこちら→仕事によっては融資審査に影響は出るの?

2つの方法が考えられますね

キーワードが漠然としているので、2つのパターンがあるのではないかと考えました。まずは①事業主として運転資金のために借り入れる。②ご家庭の事情(教育費やご旅行など)で自営されている収益をもとに借入する。

パートやアルバイトでお仕事をされてる場合、勤務先がはっきりしていますし企業であるならノンバンクでの少額借入に影響ありません。自営の方の場合はどうでしょう。「主婦」というのはあまり関係ありませんが、借入の選択肢がパートやアルバイトの方よりも広がります。

まず事業主である場合、ノンバンクから借入する際、事業主の方は総量規制から外れ、年の収益以上に借入可能みたいですよ。もし事業目的で借入する場合、収入や資金繰りの確認が取れる書類が必要みたいですね。さらに100万以下での融資となると、かなり規制が緩くなります。事業資金として融資をしていない業者もあるので、商品の内容をよく確認する必要があるようです。
(⇒事業の為の融資に関わるルールについて

もしご家庭の個人的な事情で借入る場合には、総量規制の対象になります。年収の3分の1内だと借入できるわけですね。個人で経営されている方であれば、収入が証明できる書類が必要です。安定した収入があると尚いいです。金利も決して低いとは言えませんが、急に現金に必要になった時に助けてくれるノンバンクを検討してみてくださいね。

自営業者や主婦が気軽に申し込みができるカードローン

プロミスは三井住友銀行の子会社となっていて、大手銀行グループに所属していますので信頼性が高く財務の体質もしっかりとしているので安心して利用することができます。プロミスのカードローンの申し込みには年齢による条件があり、20歳から69歳までの方で一定の安定した収入を得ている方であれば借り入れの申し込みが可能です。正社員などの職業形態による条件はありませんので、学生や主婦、自営業の方でも利用することができます。

プロミスでカードローンの申し込みを行うと機械によって自動的に審査が行われますので、最短の場合であれば30分で審査の回答を得ることができますので即日融資を受けられます。ジャパンネット銀行や三井住友銀行の預金口座を所持している方であれば、システムのメンテナンス時以外の全ての時間帯で即日融資の振り込みを依頼することができます。365日いつでも利用できるサービスですので、深夜でも休日でも問題なく入金してもらうことができますし、手数料は無料となっています。

プロミスは女性専用のキャッシングサービスが用意されており、男性のオペレーターが苦手な女性の方でも申し込みの相談をしやすくなっています。プロミスは女性に対して積極的な融資を行っていますので、主婦の方でも利用しやすいカードローンです。借り入れ金額が50万円以下の場合や他社との借り入れ残高の合計額が100万円を超えない場合は、源泉徴収票などの収入証明のための書類の提出が必要ない点もプロミスのカードローンの特徴です。
(⇒主婦のような女性でも借りやすい融資について

レイクの申し込み可能な年齢は20歳から70歳までの設定となっており、安定した収入のある方であれば借り入れることができます。アルバイトやパート、自営業者、学生、外国人であっても借り入れの申し込みが可能なカードローンです。レイクにも女性オペレーターが対応してくれる、レディースキャッシングのサービスが行われていますので主婦の方であっても安心して利用できます。借り入れの申し込みの前にお借入れ診断を活用して、融資が受けられるかどうかの簡易的な審査を受けておくと目安になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.