外国人の主婦はカードローンを申し込めますか?

結論から言うと「やや厳しい」と言わざるを得ません

一般的に、日本のカードローンは門戸が広く、パート、アルバイトの人や専業主婦の人でも申し込めると言われています。では、「外国人」で「専業主婦」の場合はどうなのでしょうか。結論から言うと「やや厳しい」と言わざるを得ません。その理由を説明しましょう。まず、カードローンを提供している会社が一番恐れていることは、「貸したお金が回収できなくなること」です。
(⇒専業主婦が借りにくい理由は明白?

外国人である、ということは、「いつ、日本からいなくなるかわからない」というリスクを背負っていることになります。在留資格が取り消されてしまえば、日本から退去しなくてはいけないからです。そのため、外国人にお金を貸すカードローンの提供会社自体が少ないのが現状です。あったとしても、日本人に貸す場合とは違って、融資可能金額などが低くなるなど、条件が厳しくなっていることが多いです。

もっとも、日本人のご主人と結婚しているなどの理由で、在留資格が「永住者」となっている場合は話が別です。「いつ、日本からいなくなるかわからない」というリスクがだいぶ軽減されるため、審査に通りやすくなります。また、「専業主婦」であることについてはどうでしょうか。昔だったら、専業主婦だということだけでカードローンの審査が通らないということは往々にしてありました。

しかし、最近では専業主婦であっても、収入証明や保証人なしで借りることができるカードローンも増えてきています。そのため、貸してくれる会社が一軒もない、ということは考えにくいでしょう。話をまとめると、「やや厳しいかもしれないが、条件次第では借りることも十分可能である」というのが本当のところのようです。
(⇒立場に関わらず融資は受けられるようになっているのか?

外国人主婦でもカードローンは申し込めます

カードローンは、最近学生や主婦でも申込みができ、比較的ハードルの低いものになってきます。通常、借り入れ可能額は、収入の3分の1程度の金額ですが、そうすれば主婦や学生では申し込むことができなくなってしまいます。総量規制を受けないカードローンなどの多くは銀行系に多いので探してみると、持てるカードが必ずあると思います。若干、利用限度額は少なめになるかもしれませんが、世帯に安定的な収入があれば可能になります。

外国人もカードローンが申し込めるかというと、結果からいいますと、申込みは可能です。しかし、多少の壁と条件があります。まずは、日本語の読み書きと理解が出来ないと難しいかもしれないという点です。申し込み用紙を日本語で作成しなければならないので日本語がある程度出来なければ申込みをすることができなくなってしまいます。もちろん話せるけれど、読み書きができないという方も同様です。申し込み書を作成できる書く能力と契約書や約款を読んで理解できることも重要な部分になってきます。

次に課題となってくる点は日本にどれくらいいるかということです。日本へ来たけれど、少しの滞在で帰国してしまうおそれのある方は、貸す側としてはリスクが高いので申込みが出来ないことがほとんどでしょう。カードを発行して借りられて返済の前に帰国されてしまえばカード会社は困ってしまうからです。ここでポイントになるのが、登録証を持っているか永住権を持っていることです。日本ので滞在が持続的にあることを証明することができれば申込みが可能になります。

このことからも、外国人主婦であっても、世帯につまりは配偶者に安定した収入があり返済能力を保持していることが証明できて、なおかつ外国人であるということから日本で継続的に滞在することを証明できればカードローンを申込みが可能であるということになります。

申込書の作成などに不安がある方などは、配偶者や友人に手伝ってもらうことも得策といえるでしょう。

【参考ページ】
融資審査で大事な事をまずは把握しよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.