ビューカードローン金利他と比べてどう?

キャッシングベスト3

自宅の駐車場でうかつにも車を傷つけてしまい、修理費で数万円かかることに…。運悪く金欠で困っていたのですが、昔ビューカードをつくった時になんとなくキャッシング機能を付けていたことを思い出したんです。

これでなんとかなる!と思ったのですが、ちょっと金利が気になってきて…。ビューカードのカードローンの金利って、他のと比べるとどうなんでしょうか?

クレジットカード系のカードローン金利は比較的高めです

ビューカードのカードローンでお金を借りた場合、金利は限度額にかかわらず18%となっているわね。原則としてカードローンのような個人向けの融資サービスの上限金利は18%とされているわけだから、きっちり上限金利という言い方もできるわね。

実はビューカードに限らず、クレジットカード系のカードローンとかキャッシングの金利って一律18%設定が主流なの。まれにもっと金利が低いところもあるけど、まあたいていは18%だと考えてしまっていいでしょう。だからクレジットカード系の基準で考えるとビューカードのカードローン金利はごくごく普通という扱いになるわ。

ただ、銀行とか消費者金融とかの他の系統のカードローンと比べるとちょっと話は違ってくるわね。この手の業者のカードローンの金利設定はもう少し低いわ。だいたい最大で17%前後、銀行系はもっと低くて最大金利が15%以下になるところもあるの。それにクレジットカード系みたいに一律じゃなくて、借入限度額によって10%近くも幅があるところも少なくない。

そういうのも含めてみると、ビューカードのカードローンがお得かどうかというのはちょっと疑問ね。ただ、契約時にすでにカードローン枠が設定されていて、借りたい時にすぐ借りられるというのはクレジットカードのカードローンならではの利点よ。それを考えると、取り急ぎの借入という需要に対して十分にその役割を果たしてくれると評価していいでしょう。(参考ページはこちら→急いで融資を使いたい人なら知っておきたい借り入れ方法

ルミネカード金利(ビューカードローン金利)について

最近では、一般的な消費者金融やカードローン会社以外の企業でも経営母体となり、キャッシングやカードローンを運営しています。

例えば、航空会社や鉄道会社、百貨店などが挙げられます。その理由として、例えば百貨店がそうしたクレジットカードを開発して運用した場合、キャンペーンと併用して、顧客をよりその百貨店へ呼ぶことが可能になるからです。つまり、クレジットカード払いの人限定で、毎週土日や毎月5のつく日は消費税8%分をキャッシュバックするというキャンペーンを行えば、たちまちその日は多くの顧客が来ますし、その百貨店のクレジットカードを作って、その百貨店に頻繁に来店するようになります。
(⇒こうした還元を融資でも活用してみよう

そうすることが続いた場合、その百貨店の前を通ると、そこで買い物することが当たり前になり、ちょっとした日用品などもそこで購入するようになります。そのため、百貨店は新たな顧客の獲得を目的としてクレジットカードを発行するようになります。それ以外の企業でも概ねこうしたことを理由としてクレジットカードやキャッツシングを運営しています。

ビューカードローンについては、鉄道会社であるJR東日本が主体となって運営しているローンですが、JR東日本管轄内のおもな駅であればビューカードローンを活用することが可能になります。多くの人は鉄道、特にJRは活用する機会が多いことから、ビューカードローンを活用する場合が多いといえます。そのため、多くの人からこのカードローンは使いやすいといわれています。

ビューカードローン金利については、年率で18.00%とされています。この金利については、他のキャッシングの金利と比較しても特別高いというわけではありません。そのため、借りたい人の必要に応じて借り入れることが重要といえます。ビューカードは、JR東日本のカードで駅で入出金が可能のため、そうした利便性を考慮して、鉄道を使うビジネスマンを中心に人気があると言えます。

【参考ページ】
様々な種類のカードローンを上手く使い分けよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.