「フラット35s」について「フラット35」もあるようだけど、なんだか少し違うみたいね。私たち大家族で3世帯だし、義理の祖父母や孫まで大勢。今ちょうど「フラット35」なのよ。「フラット35s」のほうがお得そうじゃない。ちょっと家族で考えてみようかしら。

家族会議はしっかりと。チャンスですね

「フラット35S」は「フラット35」の金利を0.3%で一定期のあいだに引き下げる制度で、条件があります。それは、省エネルギーなどを推進した家づくりに協力してくれる方を中心に、当初「フラット35」で35年契約のご融資を受けている方が、5年間または10年間の0.3%引き下げた金利を受けることができるというものです。

住宅ローンなだけあって、0.3%とは言えども返済総額の差額が5年の金利減で約45万、10年だと約85万も違うんです。返済総額がこれだけ違うと真剣に考えてしまいますよね。しかも、省エネ対策だけでなくバリアフリーや耐震対策も含まれ、住まいに安心があるっていいですね。老後の生活をサポートしてくれる住宅ができて、2世帯~3世帯の大きな住宅を作るのには打って付けのローンですね。ご家族みんなと相談して考えてみてはいかかでしょうか。

新築の住宅でなく、中古の住宅のリフォームにも適用できるそうですよ。ただし、借り換えなどは適応されないようです。これはあくまで「フラット35」から「フラット35S」へ条件を持っての優遇処置。条件に適合される方が少ないので、もし条件が揃っているのであれば、相談を受けられるのも良いかもしれませんね。

フラット35sのカードローンを利用してみて

フラット35sのカードローンを利用してみて、住宅ローンの返済などで固定金利のフラット35を利用しながらローン返済を行っている方も多いかと感じます。そのローンに関して考えるととても良いローンだと感じます。当然住宅ローンの返済などを行っている方々は数多くいて、基本的に住宅ローンの残債に対しては何処の消費者金融業者も債務残高との認識が無い状況であります。そう言った事から借入を行う時にも、審査は通りやすくこのフラット35sのカードローンを利用する事により金利などの面で優遇を受ける事になります。
(⇒審査に通りやすい融資の選び方

住宅ローンとこのカードローンなどの利用を考えながら利用出来るキャッシングなどでは、生活などで必要な物を購入したりする時に利用したりする事も可能で、勿論しっかりとした支払いなどは考えながら利用する必要はあります。そう言った利用についての事でやはり住宅ローンのフラット35sを利用していれば、安い金利での返済が勿論行えてその中での取引もキッチリ出来る事からちゃんとした対応は出来る事になります。

こう言ったローンの付帯している取引でも、お互いに利用するメリットは高く、とにかく安い金利での利用に関して考えて居る人であれば利用する価値は高くなって行きます。消費者金融業者でも銀行でも今はこう言ったサービスが多く、無利息期間などを考えながら取り引きを行ってお客さんに有利に利用してもらいたいと考えている消費者金融業者も多いと考えられます

まずは取引実績を作る事がとても重要でその状況があってカードなどを作ってもらう事が出来ればそれからいつでも限度枠の金額を設定してその枠の中ならばいつでも借り入れが出来ると言った便利な状況をいつでも作る事が出来て、返済もコンビニのATMを利用する事も出来たりする所もあるので、身近に借入と返済が出来てとても有利なカードローンを利用出来る事になりお金に困った時には助けてくれる状況となります。(参考ページはこちら→カードローンはいつでもいざという時に備えられます

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.