日本の誇る文豪の書いた、有名な青春小説の舞台にもなった松山市在住の男性です。地元の人に愛され、よく利用されている伊予銀行は、もともとは国営ナンバー銀行(銀行の名前に数字がついている)の五十二銀行だったと言いますから、歴史のある由緒正しい銀行なのですね。

文豪とは親友だったという、有名歌人も五十二銀行の株主だったと聞いて、日本文学好きの僕は心が躍ってしまいました。カードローンをつくるなら、自分にとって特別ななにか、そういったロマンめいたものがあると嬉しい。でも、地方銀行と言ってももとは国営銀行だったわけですから、やはりカードローン審査は厳しいんですよね…?厳しくないと助かるんですけど…。(参考ページ→簡単審査のカードローンをお求めならこちら

地方銀行は大手都市銀行よりカードローン審査が厳しくない傾向に

伊予銀行の株主に有名歌人がいたとは知らなかったな!伊予銀行って聞くと、つい伊予柑を思い浮かべてしまってね…。一時期流行った(?)カワイイ系ネーミング銀行と同系列でくくってしまいそうになったけど、歴史のある由緒正しい銀行なんだね。

さて、銀行系のカードローンは一般的には審査が厳しいと言われているよ。審査が厳しい分、金利は低めに設定されているし、銀行は消費者金融とは違い、総量規制の対象外になっているから、場合によっては年収の三分の一以上の借入も可能。審査に通りさえすればいいことづくめだね。
(⇒銀行融資の特徴について

地方銀行は、大手都市銀行よりカードローンの審査が多少厳しくない傾向にあるのだとか。それは利用者のほとんどがその銀行の近隣に居住する人であるということから、地方の活性化を支援するという意味合いもあるだろうし、全国展開する大手都市銀行に比べ、利用者が限定される、つまり融資を受ける際の競争相手が少ないということもあるかもしれない。

カードローンをつくるとき、使い勝手や金利面など、機能性を重視することはもちろん大切だけど、それ意外の、マスコットキャラクターに愛着を持っているとか、コマーシャルに出ているタレントが好きだとかいう、相談者さん言うところの〝ロマン〟って結構大事だよね!

大手都市銀行より審査は厳しくないとは言っても、中小規模の消費者金融なんかに比べると、やっぱり多少は厳しいと思うけれど、相談者さん的にロマンのある、伊予銀行のカードローン、ぜひ申し込んでみて欲しいな!

お試し審査3秒の伊予銀行カードローンで借入しましょう

伊予銀行のカードローンは、全部で3種類ありますが、今回は新スピードカードローンについて紹介します。新スピードカードローンの金利は4.5から14.5%で、利用限度額は最大で500万円です。審査の内容によって利用可能な金額は変わります。借り入れはコンビニATMからも可能で、他社からの借り換え先としての利用も出来、返済額は最小で毎月2000円から対応可能と、メリットも多いのが特徴です。

借り入れを行うためには審査を受けなければいけませんが、その前にお試し審査というものが新スピードカードローンにはあります。生年月日と性別、結婚の是非、加入している保険と他社からの借り入れ状況を入力することで、おおよその結果を確認することができるのです。伊予銀行ではいくらまで借りることができるのかを事前に知ることで、他社での借入計画も立てやすくなります。本審査の場合は、結果が判るまでには1週間から10日程かかりますから、お試しの結果を元に、予め返済計画を立てておくのも効率良い借り方です。
(⇒融資の審査ではどんなところが見られるの?

申し込みですが、来店することなく行えることも特徴です。方法には電話、インターネット、fax、郵送があります。他にもメリットはあ数あります。例えば、アルバイトとして働いている方や、専業主婦の方でも申し込みが可能であるという点です。年収証明書が不要であることにも由来しています。必要書類が本人確認書類だけで良いこともメリットの一つです。本人確認書類も、審査に通って初めて送付するので、個人情報が漏れる心配もありません。上手く契約が成立すれば、その日のうちから借り入れを行う事もできます。カードが届く前ですが、申し込みをすれば、登録口座に振込をしてくれます。もちろん入会費や年会費は必要ありません。もう一つメリットはあり、それはキャッシュカードと同じデザインということです。パッと見にはローンのカードなのか普通預金のカードなのか解らないので、人目を気にすることもありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.