総量規制という言葉をよく見るのですが総量規制って何ですか?現在フリーターをしておりお金がないので借りたいと思っているのですが、総量規制によって何か影響があるのでしょうか?初歩的な質問かもしれませんが教えて下さい。よろしくお願い致します。

総量規制って一体何?銀行系カードローン利用方法

総量規制とは、2006年に施行された法律で消費者金融において借り入れの最高上限額を年収の3分の1までとするという法律です。これは1社あたりの金額ではなく、個人の借り入れ総額です。

借りに、年収が300万円なら、消費者金融での最高借り入れ上限額は100万円となります。もし、A社から50万円借り入れをしていたならば、他社で借り入れを行いたいと思って借り入れを行う時はあと50万円しか借り入れできません。A社で50万円、B社で30万円の借り入れを行っている場合は、C社ではあと20万円しか借り入れができないということです。

金融機関は個人信用情報機関という機関に利用者の情報を登録しなければなりません。登録されている情報は他社も検索閲覧できるので、借り入れの申し込みを行った時に必ず確認されます。ここで、他社で借り入れをしているかがわかります。年収の3分の1に達している場合は借り入れはできないということで審査には通りません。

ただ、これは消費者金融を対象にした法律なので銀行は対象外です。銀行カードローンであれば年収の3分の1以上の借り入れが可能です。

【参考ページ】
その他の消費者金融のルールについてはこちら

銀行系カードローン利用方法を知っておこう

銀行の借入となると何かと手間がかかるイメージもありますが、カードローンの場合は申し込みに必要な書類も少なく済みますし、早ければ、即日融資に対応してもらうこともできます。消費者金融のキャッシングのように手軽に利用できることが魅力で、さらに低金利で利用できる、総量規制の対象となっていないなどより便利に利用できるサービスです。まずはその利用方法について知っておきましょう。
(⇒銀行の借入審査は簡単なのか?

銀行系カードローン利用方法については、まずは安心して利用できるサービスを選んでいくことが大切です。各銀行では様々なカードローンが提供されていますが、融資限度額や金利、申し込み条件などはそれぞれ違いがありますので、まずはよく比較し、それぞれに合ったサービスを選んでいきましょう。

最適なサービスが見つかったらいよいよ申し込み手続きを行っていくこととなります。手続きの方法は、来店して窓口で行う、自動契約機から行うこともできますし、来店できない場合も電話やインターネットでの手続きいも対応していますので、自宅からでもすぐに手続きが可能です。

準備するものとしては、まずはカードローンの場合は担保や保証人を用意する必要はありません。用意するものとしては、まずは本人を確認できる書類が必要です。この場合は、運転免許証があれば、それを利用すると良いですし、免許を持っていない方の場合はパスポートや各種健康保険証を用意することとなります。

小額の利用の場合は本人確認できる書類があれば手続きが可能ですが、100万円以上などまとまった金額になると収入を証明できる書類が必要になることも多いので、各銀行ではいくらまでの借入なら必要ないのかよく確認しておきましょう。収入を証明できる書類は源泉徴収票や給与明細のコピー、自営業の方の場合は確定申告書などが用意されることとなります。

申し込み書類に必要事項を入力し、提出するとその後は審査が行われ、審査に問題がなければカードが発行されることとなります。インターネットや電話で申し込んだ場合はその場でカードの受け取りはできませんが、振込での融資に対応してくれる業者も多く、入金後はいつも利用している口座からお金を引き出すことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.