銀行系カードローンと消費者金融ではどちらが損をしない?それにどっちがノンバンク?

金利を取るか利便性をとるかで決まるワ

銀行系カードの利点。銀行系というと何がお得かって、まず第一に安心感です。銀行がバックグランドにあるので、利用者の中には消費者金融ときいて少し抵抗を覚える人もいるようなので、そのような人には銀行系カードローンがいいでしょう。クレジットカード機能も付いていて、日頃のお買い物にも実は便利なんです。少額の借入にも重宝します。

消費者金融の利点。消費者金融は得にすぐ融資をしてもらえることかな。しかも今は申請にスマホも使えるんです。審査の終了まで30分もかかりませんし、融資もその日のうちでできてしまう。専用ATMやテレビ受付もあって、どうしても明日、明後日必要な人には助かる商品がたくさんあります。

両方ともノンバンクであること。実は、消費者金融系カードも銀行系カードもどちらもノンバンク。銀行ではないということです。どういうことかというと、法の縛りが、銀行法ではなく、貸金業法であること。主な決まりに、年収の3分の1は原則融資出来ないという、金融業者が罰せられる法があります。

現在の状況に合わせて借入できるノンバンク。どちらが金利の面でお得かというと、銀行系のほうがやや金利が低いのですが、利用の回数を重ねて限度枠を上げれば、それと反比例して金利も下がります。100万以上なら15%(ほとんどが14.59%)以下が基本かな。利用者の返済実績を見ながらです。新規の申請で最初の借入を期間限定で無利息融資する業者もあるので要チェックですね。

銀行系カードローンと消費者金融の違いを知っておこう

初めて融資を受けたいと考えている方は、どこの貸し金業者を選んだらよいか迷っている方がほとんどです。

カードローンを初めて利用する場合は、消費者金融を利用するのに抵抗を感じている方が多くなっています。銀行系カードローンは、信頼できる銀行が運営をしているため、信頼性が高く安心して利用できます。低金利で利用できるため、まとまったお金が必要になった時に長期の借り入れをするのに向いています。消費者金融は、審査基準が緩くなっているため、収入のある方はほとんどの方が利用できますが、やや金利が高くなっています。短期間の融資の場合は、利便性が高いですが、長期的な借り入れの場合は損になってしまうことがあります。
(⇒審査が緩い金融業者の利点とは

消費者金融は、パートやアルバイトで収入のある主婦や20歳以上の学生は融資が受けられますが、収入のない専業主婦は利用をするのが難しくなっています。銀行系カードローンは、総量規制という法律の対象外になっているため、配偶者に安定した収入のある専業主婦は融資を受けることが可能になってます。専業主婦の場合は、銀行系カードローンの審査を受かると、カードを発行してもらえるので、利用限度額の範囲であれば、何度も利用が可能になっています。

消費者金融は、審査のスピードが速く、審査結果がわかると即日融資が受けられますし、一定期間の無利息期間も利用できるため、緊急にお金が必要になった場合は、大変利便性が高くなっています。小口の融資の場合で、短期間だけお金を借りたい場合は、借りた日数分しか金利が付かないので、消費者金融を利用すると便利です。銀行系カードローンは、審査基準はやや厳しくなっていますが、まとまったお金が必要になった時は、返済計画も立てやすいので、上手に利用すると便利です。お給料の範囲内で生活ができれば問題はありませんが、急に出費が必要になることは多いものです。貸し金業者のカードローンを上手に生活に取り入れるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.