今、3お社からお金を借りています。何の気なしに借り入れたのが始まりでしたが、必要に迫られて借り入れを行っているうちにお金のやりくりができなくなり、2社目、3社目と借りることになりました。しかし、さすがに3社ともなると返済日が次々にやってきてお金が見る見るなくなっていきます。
(⇒融資は最初に使い道などをきっちりとさせておこう

知り合いに相談したところ、借り換えという制度で借金を一つにまとめたらどうかと言われました。その方が楽になるしできれば銀行で借り換えた方がいいと言われました。消費者金融のカードローンでは借り換えはできないのでしょうか?(参考ページはこちら→銀行と消費者金融では何が違うの?

銀行系カードローンは借り換えにくい?おまとめローンで知っとくこと

消費者金融でも借り換えは可能ですよ。ただ、消費者金融の場合は総量規制により借り入れの上限金額が年収の3分の1になります。複数社から借り入れをされている時、消費者金融だけではなく銀行でも借り入れをされている場合や借り入れ総額に金利を足すと年収の3分の1を超えることもあるので、年収の3分の1を超える場合は銀行での借り換えでないと対応できないということになってしまいます。

借り換えは複数社からの借り入れを1社にまとめる方法です。借り入れ総額を1社から借り入れるので金利が低くなります。金利が低くなると返済総合計も下がることになるので、現在の借り入れの返済総合計よりも返済額自体が下がることにもなります。また、返済日も1日にまとめられるので返済も楽になります。複数社から借り入れをされているならできるだけ早く借り換えをされることをオススメします。

銀行系カードローンは借り換えにくいと不安になる必要はない

銀行系のカードローンは敷居が高いという印象を持っている方がいるかもしれませんが、銀行系カードローンの中にも申し込みしやすく、借り入れの目的も自由に利用することができるものもありますので、きちんとした情報を集めてから借入れを行う銀行を検討することをおすすめします。(参考ページはこちら→簡単にお金を貸してくれるのはどこ?

オリックス銀行の金利は年率3%から17.8%という低利息で借り入れることが可能で、利用限度額も最大のケースであれば800万円まで利用可能ですので、十分に大きな金額を借りることができます。オリックス銀行カードローンの特徴には使用の用途が自由という点があり、他社で借り入れた債務について借り換えて返済金額を減らす目的に利用することや、複数の債務についてひとつにまとめることで支払いをしやすくしたり、返済計画を立てやすくするメリットのために借り入れることも可能な銀行系カードローンになっています。

ですので、銀行系カードローンは借り換えにくいということはありません。銀行系のカードローンのは総量規制の対象にならないという利点がありますので、ひとつの金融機関からまとまった金額を借り入れても年収による制限を受けずに利用できるので大変メリットがあります。オリックス銀行カードローンの審査には、300万円以上の金額を借り入れなければ源泉徴収票などの収入証明のための書類の提出をしなくても、借り入れの申し込みができますので利便性が高いカードローンとして人気があります。
(⇒総量規制って一体何?

東京スター銀行では、おまとめローンとのりかえローンという2種類の商品を行っています。東京スター銀行のおまとめローンは、金利の設定も5.8%から14.8%になっていますので使いやすいカードローンと言うことができるでしょう。利用限度額は30万円から1000万円までとなっていますので、心強い商品と言えます。のりかえローンの金利設定は7.8%から9.8%になっているので、とても低金利でおすすめです。東京スター銀行のカードローンは年齢が満20歳以上から65歳未満の方で、年収が200万円以上の条件をクリアしていれば申し込みができますので、しっかりと年収を得ている方であれば安心して利用可能なサービスになっています。

【参考ページ】
やはり銀行カードローンはどこも安定?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.