銀行系カードローン取引ある銀行がいい?

キャッシングベスト3

不況で給料が下がり、怒った妻にお小遣いを大幅に減らされてしまいました。これではとてもやっていけないので、カードローンで借りようと思ってます。

借入先の候補はいくつかあるんですが、違いがあまりわからなくて、どうやって決めたらいいのか…。銀行系カードローンだったら、例えば取引のある銀行を利用する方がよかったりするんでしょうか?
(⇒借りやすさで言えばこちらをチェック!

基本的には取引の有無にかかわらず条件で選んでよいでしょう

銀行カードローンってお固くて融通が利かなさそうなイメージがあると思うんだけど、意外とそうでもないのよね。もともと取引のある銀行、口座がある銀行じゃないとカードローンの利用はできない…なんてことはないの。基本は取引の有無にかかわらず返済用の口座をつくればOK、それどころかその口座すら必要ないっていう銀行系カードローンもかなり増えてきているわ。

そんなわけだから、カードローンを選ぶとき、取引のあるなしは基本的には気にする必要ないでしょう。そんなことよりも金利とか返済・借入の利便性とかの条件の方がずっと大事よ。自分の目的や重視する条件をしっかり考えて、それに合うかどうかっていう基準でカードローンを選ぶことが、よりお得に便利にカードローンを利用するためにはすごく重要なことなの。

ただしちょっと気を付けてほしいケースがあるの。それは、取引がある銀行カードローンを利用することで優待が特典が受けられるパターンよ。例えば金利が通常よりも低くなったり、口座やネットバンクをすでに利用しているからこその便利なサービスがあったり…そういうところもちょこちょこあるのよね。だから一応まずは取引のある銀行のカードローンの内容をチェックしておくことをおすすめするわ。

そんなわけでまとめると、銀行系カードローンを選ぶのに取引の有無を気にする必要は基本的にない、でも銀行によっては優待・特典がある場合もあるから、要チェックといったところね。情報収集は手を抜かないで、ベストなカードローンを見つけてよね。

【参考ページ】
ついでに審査基準についてもよくよくチェックしてから選ぼう

銀行系カードローンを取引がある銀行で組む利点

カードローンのサービスを提供している金融機関は、銀行法という法律で規制されている銀行系カードローンと、貸金業法という法律によって規制されている賃金業者系カードローンの大きく2つに分けられます。この2つは同じカードローンに違いありません。しかし普段から使っている銀行である銀行系カードローンのほうが、より安心して使うことができる人も多いのではないでしょうか。(参考ページはこちら→やっぱり銀行カードローンは安定する?

銀行系カードローンは、消費者金融系や信販系のローンに比べて金利が低く、融資可能額が大きいのが特徴です。金利が低い分、返済金額が大きくならないため、経済的にも負担を減らすことが可能になります。また、借入金額の総額が年収の3分の1までに制限する制度である総量規制の対象にならないため、融資可能額が大きくなるのです。

このように銀行系のカードローンは銀行法により総量規制の対象外となるため、年収による制限の枠がなく、借入れ審査が通れば借入金額が多くなるのです。年収に関係ないということは、収入のない主婦の人でも借りることができますので、そういった点も銀行系カードローンの大きなメリットとなっているようです。(参考ページはこちら→主婦でも借りられるカードローンとは

そして、銀行系カードローンを選ぶときは何らかの取引がある銀行を選ぶことが大切です。給料の振込指定口座や公共料金などの引き落とし口座を開設している実績があることで、その銀行にとっては顧客ということになります。そのため、銀行側は優先的に審査を通す傾向がありますので、カードローンの審査に不安のある人は、何らかの取引がある銀行を選ぶようにしましょう。

このようなコネクションは、審査の厳しいローン業界で思った以上の効果を発揮するのです。銀行側からしても、普段から取引のある顧客ということである程度の信頼があります。場合によっては、言い条件の提案を勧めてくることも考えられるでしょう。そういったことからみても、普段から銀行との付き合いを大切にしておくことは、決してマイナスにはならないのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.