ブラックが銀行系カードローンの契約は可?

キャッシングベスト3

私は40過ぎになって大変お恥ずかしいことなのですが、以前の会社が倒産してしまい、一時生活に困り、色々な支払いが滞ってしまう事態になりました。その後幸い再就職でき、自己破産にまでは至らなかったのですが、この時の支払いなどの遅れが祟って現在ブラックと言われる状態になっています。それでも再就職後は給料は出ているので生活に問題は無かったのですが、妻が病気をしたため当面の医療費や交通費がかさんで生活に支障が出るようになりました。

そこで暫くの間はすこしお金を借りようと思って、銀行に行ってカードローンを申込んだのですが審査に通らなかったことからブラックであることが分かりました。考えてみれば当然の結果なのですが、本当に困っています。ただ審査はそれぞれの銀行ごとに違うと言われていますから、場合によっては私のような人間でも借りることはできないかと考えています。そこで質問なのですが、ブラックでも契約できる銀行系カードローンは有りますか。
(⇒先に試してみたい審査が緩いカードローン

銀行系も消費者金融系もカードローンの契約は難しいでしょう

倒産したのはあなたのせいではないので、大変お気の毒な立場にあることには同情します。しかし残念ながらブラックと言うことになるとカードローンを提供している銀行も消費者金融も信用情報を参照した段階で審査を落とすでしょう。したがって利用できるカードローンをいくら探してもそれは時間の無駄です。別の方法を考えた方が良いでしょう。カードローンと同じくその他のローンでも銀行は相手にしてくれません。暫くは我慢が必要です。

では取り敢えずあなたはどうすれば良いでしょうか。まず収入はあると言うことですから、節約によって医療費と交通費を捻出すると言う方法が有ります。最もお勧めなのはこの方法なのですが、限度がありますよね。もう一つ会社員であれば、銀行や消費者金融ではなく自分の会社から借りると言う手段も有ります。ただし社員に対する貸付制度のようなものが有ればの話になりますので、それなりの大手企業に限られます。まずちょっと調べてみてはいかがでしょうか。

そう言うものも利用できないと言うことになると、次に利用できそうなのはブラック対応の消費者金融です。そんなところが有るのかと言われそうですが、最近では銀行がカードローンに参入しているためか利用者が消費者金融に回らず、かなり経営が厳しい状態になっています。そこで一部の中小消費者金融では大手の金融機関が相手にしていないブラックの人にも返済の見込みさえ確認できれば貸してくれるところが現れてきています。

このような業者も金融庁に登録した正規業者がやっていますから、返済さえ滞るようなことが無ければ問題は無いのですが、しっかり探さないとブラック対応と言っても下手をすると闇金と言うこともあるので充分注意が必要です。そこでもしブラック対応と言うような業者を探すのであれば、金融庁の貸金業者が登録されているデータベースを参照して本当に登録業者かどうかを確認してから接触するようにすることを忘れないようにして下さい。

【参考ページ】
審査が緩いところに申し込む場合の豆知識

ブラック入りの人は銀行系カードローンで審査落ちの確率が高い

カードローンとは、日々のちょっとしたお金の不足に対して、迅速に救いの手を差し伸ばしてくれる存在です。とりわけ銀行系の金融会社が提供するブランドは利息も比較的に抑えられたものが多く、なおかつ手続きも簡単で基本的に即日融資が可能な状況ができあがっています。これらの銀行系カードローンの活用でこれまでならばすぐに金銭問題を理由に断念していたものが、これからは決して諦めることなく、成功法に基づいて費用の捻出にあたれることでしょう。

一枚の個人専用カードを発行して手元に持ち歩くことで、お金の必要時に近場のATMからスピーディーに融資金を借り入れることができるこの銀行系カードローンは、最近ではコンビニチェーンと提携しているものも増え、24時間いつでも店内のATMを使ってお金を捻出できることからも利便性が高まりを見せています。

ただし、この銀行系カードローンを契約するにあたっては、然るべき審査をパスしなければなりません。その過程においては最初に申請した職業や年収やそれを裏付ける年収証明書などの提出をもとにして、借り入れ額に相応しいだけの収入があるかどうかを精査して、さらに信用機関への照会を通じて申請者がブラック入りしていないかどうかを入念に確認します。この時、ブラック入りの可能性としては主に3つのものがあります。

たとえば、過去の借り入れにておいて返済不可能な状況に陥り法的手続きをとったことがあったり、月々の返済日までに必要額を用意できない事態が幾度も続いたり、さらには短期間のうちに複数の借り入れ先に申し込みを行ってその都度審査落ちしていたりといったケースがこれにあたります。こうした事態が起こると、各金融会社はその事例を信用機関に報告して業界全体で情報共有することによって、今後の再発防止に向けての対策を行うのです。
(⇒ブラックになってしまうと融資はほぼ不可能?

それゆえ、もしも過去にこのブラックに引っかかるような記憶のある人は、新たに銀行系カードローンの申し込みを行っても、この信用情報の項目で引っかかり、審査落ちしてしまう場合が多いことでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査のゆるいカードローンって有るの?】金融会社紹介サイト! All Rights Reserved.